ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
世論時報4月号

若者が感動することば

目次:

論説 

東光西風


 日本食の素晴らしさを改めて見直したい
 
 日本人に最善の健康法を国民に提示を


特集 

若者が感動することば

 なぜ『嫌われる勇気』は150万部も売れたのか
  アドラー心理学が若者に受ける理由
                  鈴木義也

 
〈29歳 起業家〉
  
もっと旅をしたら社会は良くなる
                  清水直哉

 
〈31歳 理学療法士〉
  
大学の恩師にもらったことば 
                  長谷川由理


 
〈34歳 日本舞踊家〉
  
難病を乗り越えた先に見えたもの
                  
花柳琴臣 


話題

 
「教育勅語」を知っていますか?
  
「臣民」でない人が明治天皇の言葉に魅かれる
                   
江藤信二


シリーズ
 現代の「性教育」を考える②

  
女性と男性の存在とわが子への影響
                  高橋保男


好評連載

国民運動リレー情報18
 
戦費調達のための税が戦争放棄の国で続いている


明日を創る 日本を創る
 
30年後の街に対する責任を負う
                  松井一寿


いきいき先生
 「自立」への第一歩を支援する その3
                  篠原 結


“美”とのふれあい  
 明治に花開いた七宝 並河靖之
                  蒔田 利


共済主義への道
 縁の下の力持ちであるウッドベースに魅せられて
                  三角清子



これからの仏教を考える
 
「本来の宗教」とは、その人を「真の自己」へと
  向かわせるもの
                  野原眞承



子どもたちのメッセージ
 生まれてきた時から持っているのは生きる権利「命」
                  藤原加波



日本の今
 世界各国の幼児教育


随筆・台湾
 
テッポウユリの咲く島
                  
横手泰子


そこがおかしい日本語
 「緩解」という語の用い方
                  奥秋義信


「食べ物」通信
 
菜の花


西日本だより
 
私の教訓は会津藩の「什の掟」
                  東田 真

せろんさろん


次号予告
これでわかるiPS細胞
―難病の人に灯る希望の明かり―


 
ノーベル賞生理学・医学部門で受賞し、世界の人々が注目するiPS細胞に医学界は沸き立つ。再生医療とはどういうことかを知るためiPS細胞に接近する。 
 
 

編集者の眼




フッターイメージ