ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
最新精神医学23巻3号(通巻131号)

復職支援プログラムの発展

目次:

 特集「復職支援プログラムの発展」

  医療機関におけるリワークプログラム発展の歴史と
   最新の知見
          
        (秋山 剛)

  短期間で効率的な復職支援のプログラム
                  (田島美幸・他)

  軽症化と多様性から考える勤労者の復職支援
                  (徳永雄一郎)

  精神療法としての復職支援プログラム
                  (花井直人・他)

  復職支援に活用する対人関係療法
                  (岡  敬)

  成人の発達障害の復職支援
                  (福田真也)

  マインドフルネスと復職支援プログラム
                  (佐渡充洋)

  復職支援における産業医連携の課題
                  (森田哲也)

  産業現場における復職後支援:
   簡易型CBTと3つの臨床スキル

                  (宇都宮健輔)


 原著

  せん妄の遷延化に関連する因子についての検討
                   (後藤晴栄・他)


 症例報告

  統合失調症患者の認知機能と社会機能に対する
   ブロナンセリンの効果:
    遂行機能に変化が生じた症例報告

                   (大宮秀淑・他)


 トピックス

  産業保健スタッフからリワーク施設への情報提供書式例
                   (副田秀二)


 総説

  遷延性ベンゾジアゼピン離脱症候群:
   病態と自験例におけるパーソナリティ傾向についての
    考察

                   (野呂浩史・他)

  ブレクスピプラゾールの臨床における効果用量について:
   レキサルティ®:SDAM

                   (樋口輝彦・他)




フッターイメージ