ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
最新精神医学21巻3号(通巻119号)

現代社会と精神分析

目次:

 巻頭言

  うつ病の多様性:内因性うつ病再考
                 
(井上 猛)

 特集「現代社会と精神分析」

  現代社会とパーソナリティ障害,精神分析からの展望
                 
(牛島定信)
  不登校臨床の展開と課題
                 
(藤岡孝志)
  摂食障害の精神分析的理解
                 (鈴木智美)
  「現代型うつ病」を経て「現代のうつ病」へ
                 
(松浪克文)
  退行期・終末期の精神をめぐって:精神分析と時間
                 
(新宮一成)
  躁とうつ
                 
(堀 有伸)
  精神分析におけるトラウマ理論
                 (岡野憲一郎)
 

 新連載 

  フォルトゥーナの恍惚
   わたしの運命論(1)

                 (亀山郁夫)


 
原著

  精神病発症危機状態(at risk mental state) における
   近赤外線スペクトロスコピィ(NIRS)

                 
(太田豊作・他)
  うつ病患者に対する主観的ウェルビーイング評価尺度
   短縮版(SWNS-J) を用いたアリピプラゾール内用液の
    有用性に関する研究
                 
(石川雅也)




フッターイメージ