ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
最新精神医学20巻3号(通巻113号)

自殺対策の現状

目次:

巻頭言

  精神医療の国際化―外国人患者の人権擁護
                 
(斎藤正彦)

 特集「自殺対策の現状」

  自殺総合対策大綱の改正とその意義
                 
(山内貴史・他)
  自殺対策従事者研修の実際:NOCOMIT-Jの経験から
                 
(田島美幸)
  自殺企図の再発防止に対する複合的ケース・
   マネージメントの効果
                 (河西千秋・他)
  インターネットを使った自殺予防:
   ゲートキーパー活動におけるリアルとネットの融合
                 
(末木 新・他)
  メディアと自殺対策
                 
(太刀川弘和)
  自死遺族たちの語りにくさ
                 
(有末 賢)



 連載 

  患者との対話:精神科医歴50年を折り目として 13  
   精神分裂病と治療的関与3
    被愛妄想をテーマとした妄想型分裂病

                 (村上靖彦)


 
原著

  
児童思春期における幻覚の持つ意味:
   幻覚症状の表出の仕方の相違に基づく
    児童思春期症例の病態水準推定の試み

                 
(小野和哉・他)

  重度認知症患者における食事摂取のサポートについて
   考える:食べる楽しみを支える重要性の観点から

                 
(今中章弘・他)

 
 臨床ノート

  広汎性発達障害者に対する就業前支援についての一報告
                 
(前原和明)



フッターイメージ