ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
最新精神医学18巻4号(通巻102号)

非定型精神病の新しい診断基準

目次:

 巻頭言
  DSMの改訂を考える
                 
(宮田久嗣)


 特集「非定型精神病の新しい診断基準」

  その意義と成立までの経過
                 
(須賀英道)
  精神科救急における急性精神病(非定型精神病)の診断と経過
                 
針間博彦
  
非定型精神病の評価者間一致度の向上にむけて
                 (堤  淳・他)
  非定型精神病の疫学:周期性精神病を中心に
                 (兼本浩祐・他)
  生物学的研究への応用
                 
(金沢徹文・他)

  非定型精神病とカタトニア:女性・性が症候を規定する
                 (中山和彦)
  


 最新薬物療法

  アトモキセチン
                 (太田豊作)


 連載 2

  患者との対話:精神科医歴50年を折り目として
   精神分裂病と経過

                 (村上靖彦)


 原 著

  抗精神病薬の投与によってもたらされた可能性のある
   代謝異常はaripiprazoleへの切り替えにより
    改善されるのか?

                 (柴田 勲・他)

  気分[感情]障害のNIRS検査による鑑別診断の有用性
                 (岩橋和彦・他)

  うつ病患者に対するデュロキセチン144例の臨床経験
                 (岡本康太郎)

  身体表現性障害に対するSSRIへの抗精神病薬による増強療法
                 (名越泰秀・他)

  ドパミンと抗うつ効果:pharmacophoreからの推測
                 (長嶺敬彦)

  服薬中止症例からみたブロナンセリン長期投与における
   服薬中止危険因子の多変量解析による探索:
    多施設共同レトロスペクティブ調査報告から

                 (橋本恵里・他)

 大学紹介 37

  東京慈恵会医科大学
                 (須江洋成)




  隔月刊
     定価  1.900円
     通年 11,000円

     送料   150円









































   ●バックナンバー

   ●ご購入に際して

フッターイメージ