ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
漢方と最新治療 26巻4号(通巻103号)

生薬薬理と漢方

目次:

 特集「生薬薬理と漢方」

  序論:漢方薬・生薬の薬理研究の役割
                   (新井一郎)

  麻黄とエフェドリンアルカロイド除去麻黄エキス(EFE)
                   (日向須美子)

  山 椒
                   (野崎怜雄・他)

  大黄と腸内細菌叢とのクロストーク
                   (岡村信幸・他)

  呉茱萸の主成分エボジアミンによる鎮痛メカニズム
                   (山本悟史・他)


 生薬の謎を解く薬理講座 46

  木 通             (雨谷 栄)


 臨床研究

  味覚の個人差と体質との関連
   ―健常人を対象とした漢方薬の味に対する
    アンケート調査よる検討―
                   
(篠塚仁貴・他)

  月経前症候群の頭痛に五苓散の併用が有効であった14症例
                   (永嶺 宏一・他)

  舌痛症に対する滋陰至宝湯有効例とその検討
                   (白井明子・他)


 症例報告

  女性尋常性痤瘡患者に対する桂枝茯苓丸加薏苡仁内服と
   アダパレンゲル0.1%外用の併用療法の検討

                   (乃木田俊辰)

  関節リウマチ患者の膝関節内出血に対して芎帰膠艾湯が
   有効であった症例

                   (岩田康男)
 


フッターイメージ